入れ歯・ブリッジ・インプラント

歯を失った時は、主に3つの治療方法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、一概にどれが良いと言うことは出来ません。
当院では、患者さんの歯の状態などを考慮した上で選択肢を提示し、ご相談に乗りながら、最終的には患者さんの納得のいく治療方法を選んで頂くようにしております。

入れ歯

どんな治療方法?

入れ歯は、失った歯の上に人工歯の装置を装着する治療方法です。
装置は取り外しが可能で、他の歯や歯ぐきによって支えます。

メリット
  • 保険が適用されます。(自費のものもあります)
  • 治療時の患者さんの負担がほとんどありません。
デメリット
  • 強く噛むことが出来ません。
  • 装着時、他の歯や歯ぐきに負担がかかります。
  • 毎日取り外して洗浄する必要があります。
  • 見た目や口の中の感触が気になることがあります。

ブリッジ

どんな治療方法?

歯が抜けた箇所の両隣の歯を支えにして、人工歯を装着します。取り外しは出来ません。

メリット
  • 保険が適用されます。(自費のものもあります)
  • 強く噛むことができます。
デメリット
  • 装着箇所の両隣の歯を削らなければなりません。(両隣の歯に、既に被せ物が入っている場合は、それを取り除いてブリッジの支えをはめることができます)
  • 支えにする両隣の歯に力が加わるため、それらの歯の寿命も短くなる傾向にあります。
  • 人工歯は少し浮いているため、歯ぐきとの間に汚れが溜まりやすくなります。

インプラント

どんな治療方法?

人工歯根(インプラント)を骨に埋め込み、人工歯が単独で支えられるようにします。
取り外しは出来ません。

メリット
  • 強く噛むことが出来ます。
  • 他の歯に負担をかけません。
  • 見た目が天然の歯と同じくらいきれいに仕上がります。
  • お手入れは通常の歯みがきのみです。(定期健診には必ずお越しください)

当院のインプラント治療は、大学病院と連携しています。

当院のインプラント治療は、大学病院と連携しており、患者さんのお口の状態や他の疾患の状態によっては、大学病院をご紹介させて頂きます。
なお、紹介時には、単に病院宛に紹介状を書くのではなく、技術や経験などにおいて信頼の出来る担当歯科医師を指名しておりますので、安心して治療を受けて頂くことができます。

形あるものはいつか壊れる

患者さんからよく聞かれる質問に「これは一生使えますか?」というものがあります。
入れ歯・ブリッジ・インプラント、いずれの治療方法も、残念ながら一生使えると保証出来るものではありません。
もちろん、少しでも長く快適な状態で使い続けられるように装着物をお作りし、メンテナンスもさせて頂きます。
しかし、常に菌が生息し、様々な物理的な負担が加わる口の中は、とても過酷な環境です。

人工物はいつか壊れる可能性があることを知っておいて頂ければと思います。
(もちろん、一生そのまま使い続けられる可能性も0ではありません)

お気軽にご相談ください 043-487-1611
top_img07_spimg.png

新着情報

一覧へ >
2014/12/25NEW
~年末年始のお休みのお知らせ~当院は12月28日~1月4日までお休みをいただきます。
2014/07/01NEW
矯正歯科について
中島歯科医院ブログ 求人案内